気付いていないのは日本人だけ!日本車と外車の品質の違い

海外では、メンテナンスは個人で行うのが当たり前

外車は故障が多いと認識されている方が多いですが、正しくは日本車の故障が少な過ぎるのです。外国に住まわれる外国人は、そもそも車は故障をするものだとという認識があるので、余程のセレブでない限り個人で修理を行える術を有しています。日本では、オイルやベルト類など簡単なメンテナンスさえ工賃を支払ってプロに任せていますが、海外では自身が乗る車のメンテナンスが出来ない男性は、人ととして何らかの問題があるのではないかと思われるほどです。

日本車以外の選択は生死に直結

途上国でも、自動車の生産が行われていますが、日本車との性能は比べるまでもなく、欧米の車でさえ、信頼度に関しては日本車の足元にも及びません。日本には四季があり、国土の周囲を海に囲まれているので塩害が生じるなど、過酷な環境下で車が使用されることを前提に作られています。そのため、日本車の性能は高く、砂漠やジャングルなどがある国では日本車への信頼は高く、古くても日本車への需要は高いです。日本国内では、車が故障をしても、早ければ数分でレスキューが来てくれますが、砂漠やジャングルがある国では、何日もレスキューが来ないこともあり、車の故障は生死に関わります。そのため、砂漠などがある国の方は、決まって日本車を選択、日頃、VIPカーに乗っている方も砂漠へ出掛ける場合は、日本の4輪駆動車を利用しています。

整備技術の高さも日本車の信頼には欠かせない

日本車は、ノーメンテナンスで使用できるほど維持費が掛からず、修理がし易い造りにもなっているので、整備施設が不十分な国でも活躍できます。残念なことに、性能が良い日本車は盗難に遭う確率が高く、盗まれた車両はバラされて海外へ運ばれます。そこまでしてでも欲しいのが日本車、途上国の車はリスクを負うほどの価値はないことの現れです。日本車も海を渡れば外車になりますが、品質の高い日本車は低年式・他走行・事故歴有でも人気があります。海外のセレブは、日本製の愛車をわざわざ日本に運んで整備するほど日本の整備技術は優れており、本来の性能と整備技術の高さが、日本車の信頼をより高くしています。

ボルボの中古車の購入価格は、各地の販売店の経営方針や在庫の状況などに大きく影響を受けることがあります。

ボルボの買取の関連記事
ボルボの中古が見つかる