「絵銭」って何!?江戸時代のおもちゃのお金とは

古銭の中でもマニアックな存在、「絵銭」

「おもちゃのお金」と聞くと、何を連想しますか?きっと、「子ども銀行」のようなプラスチックのお金を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。でも今回ご紹介したいのは「絵銭(えせん)」という、江戸時代以前のおもちゃのお金です。「絵銭」とは、室町時代頃から明治・大正初期頃まで、おもちゃや祭事用・贈答用などさまざまな目的で作られた古銭のことをいいます。通常のお金として作られたものではないので貨幣としての価値はありませんが、古銭愛好家などの間ではコレクションアイテムとして高値で取り引きされることもある、ちょっとマニアックなおもちゃのお金です。

絵銭にはいろいろなものがある!

絵銭にはさまざまな種類のものがあり、作られた時代もさまざまです。江戸時代ごろに、庶民の間で子どものおもちゃや神社などへのお供え物、または縁起物やお守りとして作られた物が多く、七福神や大黒様の絵などが付けられていたりします。子どものメンコ用に作られた「面子銭」や、棟上のときに撒くために作られた「上棟銭」、「南無阿弥陀仏」という文字が彫られた「念仏銭」など、色々な目的で絵銭が作られていたようです。また、銭を作るのが仕事の「銭座」の人たちが、仕事の合間に遊びで作ったといわれる「座銭」というものもあります。

お家のどこかに絵銭は眠っているかも!?

いろいろな地方で独自にさまざまな絵銭が作られたので、今でも日本の各地に沢山の種類やデザインの絵銭が残っています。絵銭はおもちゃや飾りとして作られたものですが、現在では古銭を集めるコレクターなどの間では人気があり、専門に絵銭を集めているという人もいるそうです。通貨として作られたものではないのでその価値は様々ですが、レアなものは高値で取り引きされることも時にはあります。もし、古いタンスや物置に大黒様や動物の絵の付いた古銭があったら、それは絵銭かもしれません。ぜひ一度、探してみてくださいね!

子供が大きくなってきて、不要なおもちゃが出て来たら、おもちゃの買取を利用しましょう。使い終わった後のものでも買取を行ってもらえます。

MTGの買取はこちら
続きはこちら